顧客本位の業務運営に関する方針

Fiduciary Duty policy

三井不動産フロンティアリートマネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)は、2017年3月30日に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を受けて、以下の方針を定めます。

1. 顧客本位の業務運営に関する
方針の策定・公表等

当社は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表するとともに、当該方針に係る取組状況を定期的に確認いたします。

2. 顧客の最善の利益の追求

当社は、高度の専門性と職業倫理を保持し、顧客に対して誠実・公正に業務を行い、顧客の最善の利益を図ります。また、当社はこうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。

3. 利益相反の適切な管理

当社は、顧客との利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、法令及び社内規程等に則り、当該利益相反を適切に管理いたします。 

4. 手数料等の明確化

当社は、フロンティア不動産投資法人が当社に支払う報酬の詳細(具体的な金額、計算方法、支払時期)を顧客が理解できるよう情報提供いたします。

5. 重要な情報の分かりやすい提供

当社は、フロンティア不動産投資法人に係る重要な情報を顧客が理解できるよう分かりやすく提供いたします。

6. 顧客にふさわしいサービスの提供

当社は、顧客のニーズ等を把握することに努め、そのニーズ等を意識した業務運営を行います。

7. 従業員に対する
適切な動機づけの枠組み等

当社は、顧客の最善の利益を追求する行動、利益相反の適切な管理を徹底するコンプライアンス行動等の適正な業務遂行を従業員評価の指標とします。また全役職員に対する研修その他適切な動機づけの枠組みやガバナンス体制を整備いたします。